Sweet Dreams Issue #4 Autumn 2010 スウィート・ドリームス 第4号

定価 1,280円(内税)
販売価格 1,280円(内税)
購入数

音楽本 JPN 書籍
スウィート・ドリームス・プレス / 福田教雄  新品

インディペンデント、Do it yourself、90年代家内制手工業、アウトサイダー・ミュージック、ダニエル・ジョンストン、カクテルズ、レイスコ、などなど挙げたら切りがなく、それだけで一盛り上がりも二盛り上がりも出来るような話題性も備え、そういったキーワードを音楽だけでなく人の活動まで掘り下げ、独自の視点により紹介を行っていた『map』という雑誌がありました。マップのふたり、小田昌房さんと福田教雄さん。雑誌だけでなく、CDのリリースやライブの運営に海外アーティストの招聘なども幅広くやっていた最中、活動を停止。それから、小田さんと福田さんがそれぞれの方向性を打ち出し活動を再開し始めました。この本は、福田教雄さんがスタートした『スウィート・ドリームス・プレス』からの第4冊目。


【ARTISTS/ BANDS/TOPICS】
1. トラベル・イン・マインド(ツアー特集)
2. ミシシッピ・レコード
3. ウルスラ・ボグナー
4. 活版印刷工房のはじめ方
5. クリス・ウェア〜プレスポップ
6. バウアーバーズ

Cover Art: ニキ・マックルーア


お久しぶりの第4号は、世界各国のツアー事情をひとめぐりするトラベル・イン・マインドから出発進行! ツアーの思い出、おもしろ話、失敗談などを、マイク・ワット(ミニットメン、ザ・ストゥージズほか)、ジャド・フェア、スーパーチャンクやデンギー・フィーバーに、また、招聘側の苦労話をロンドンで精力的なブッキングを続けるアップセット・ザ・リズムに訊いてきました。さらに見逃せないのが、世界各国から寄せられたツアー日記! テニスコーツ、ミー・アミ、ディック・エル・デマシアド、ザ・ハイ・ラマズ、コレクションズ・オブ・コロニーズ・オブ・ビーズ、サブライム・フリークエンシーズ……と、こちらも大盛りでお届けするほか、寄稿者の面々にはキャルヴィン・ジョンソンやタラ・ジェイン・オニールもお目見え!
その他、米オレゴン州ポートランドから、カルトなアナログ盤復刻を手がけるミシシッピ・レコードのオーナーと、イエティ・マガジンのスペシャル対談も実現。そして、シカゴ在住のコミック・アーティスト、クリス・ウェアの名作『ジミー・コリガン〜世界で一番賢いこども』の日本語完結版を刊行したばかりのプレスポップ・ギャラリーに、その裏話を訊き、ヤン・イェリネックが発見した主婦電子音楽家、ウルスラ・ボグナーを夢想し、シカゴのパンク・ブラス・バンド、ムッカ・パッツァや、筋金入りのフォーキー・ナチュラリスト、ノースカロライナのバウアーバーズのインタビューに膝を打つ。そんな、スウィートでドリーミーな1冊に仕上がりました。

※1点のご注文の場合、スマートレター180円にて発送します。

Your recent history