Sweet Dreams Issue #3 Spring 2009 スウィート・ドリームス 第3号

定価 1,280円(内税)
販売価格 1,280円(内税)
購入数

音楽本 JPN 書籍
スウィート・ドリームス・プレス / 福田教雄  新品

インディペンデント、Do it yourself、90年代家内制手工業、アウトサイダー・ミュージック、ダニエル・ジョンストン、カクテルズ、レイスコ、などなど挙げたら切りがなく、それだけで一盛り上がりも二盛り上がりも出来るような話題性も備え、そういったキーワードを音楽だけでなく人の活動まで掘り下げ、独自の視点により紹介を行っていた『map』という雑誌がありました。マップのふたり、小田昌房さんと福田教雄さん。雑誌だけでなく、CDのリリースやライブの運営に海外アーティストの招聘なども幅広くやっていた最中、活動を停止。それから、小田さんと福田さんがそれぞれの方向性を打ち出し活動を再開し始めました。この本は、福田教雄さんがスタートした『スウィート・ドリームス・プレス』からの第3冊目。


[ARTISTS/BAND/TOPICS]
1. サブライム・フリークエンシーズ
2. ミンガリング・マイク
3. アントニー
4. コーズ・コモーション!
5. ジー・オー・シーズ
6. ホーム・ブリッツ 他

CONTRIBUTORS
・ティム・キンセラ(Joan of Arc)
・植野隆司(テニスコーツ)
・俵谷哲典(2UP)
・ジュヌヴィーエイヴ・カストレイ
・酒井泰明(モールス)
・TEAM KATHY(Kathy Zine) 他

Cover Art  ニキ・マックルーア


今回、2本ある特集のひとつは、米シアトルの世界秘境音楽レーベル、サブライム・フリークエンシーズの「世界を暴露しろ!」。主催者のアラン・ビショップ(元サン・シティ・ガールズ)へのインタビューも交え、その徹底的にラディカルな姿勢をお伝えします。そして、もうひとつは話題沸騰中のミンガリング・マイクを。ついに邦訳『ミンガリング・マイクの妄想レコードの世界』(P-Vine Books)が発行され全貌が明らかになった稀代のアウトサイダー・ソウル・アーティストを、発見者のドリ・ハダーへの最新取材も含めて、多角的にアプローチしました。さらに、ジー・オー・シーズ、ホーム・ブリッツ、コーズ・コモーション!と、他の音楽誌では決して読めないインタビューも充実。ニール・モーガン(ジョアンナ・ニューサム・バンド)のオバマ支援奮闘記の続編や、スウェーデンの自然派音楽フェスのレポート、また、2008年のアンチG8サミットの思い出や、舞踏家、中嶋夏とのメキシコ滞在記(アントニーからコメント到着!)、C86〜トゥイー・ポップ再考などなど。さらに、寄稿者リストには、前号より連載小説「ボサノヴァ」を開始したテニスコーツの植野隆司、コミック「夢の扉」で時空を捻じ曲げる俵谷哲典(2UP)に加え、なんと! ジョーン・オブ・アーク〜メイク・ビリーヴのティム・キンセラが、秘蔵の未発表映画脚本で連載スタート! さらに、北米オルタナ・コミック界におけるライオット・ガール?ジュヌヴィーエイヴ・カストレイの短編コミック、酒井泰明(モールス)による今号の読みどころ紹介まで。また、大好評のチーム・キャシー、今回は「Carson」ジンの出張版で参加してます。と、はちきれんばかりの約200ページ。二階堂和美さんの『ニカセトラ』ジャケも手がけたニキ・マックルーアの表紙もふくめて、どうぞお楽しみに!!

※1点のご注文の場合、スマートレター180円にて発送します。

Your recent history

Recommended